現場レポート(2007年)

2007年12月29日 (土)

阪神なんば線鉄道建設工事レポート No10

  多分今年最後の現場レポートです。

阪神なんば線建設工事はここ最近大きく変化しました。

まずは第4工区。

Pc2400192

桜川駅の所です。喜多重機興業さんのTADANO TG-1600M-1 (160t吊) トラッククレーンがいました。この場所では現在シールドトンネルの掘削中です。

Pc2400742

同じくTG-1600Mです。この形式は数年前までよく見かけたものですが、最近では思いっきり数を減らしましたね。カウンターウエイトにあるTADANOのロゴが古い型であることを物語っています。

夜の様子です。

Pc2701462

ちょうど160tトラッククレーンの解体作業が行われていました。また、この交差点の周辺では昇降口の工事が行われています。

Pc0900072

結構前の様子ですが桜川周辺の様子。

Pc2400922

第3工区の様子です。

Pc0900082

第2工区のドーム前の様子です。九条-ドーム前駅間のシールド掘削も終わり、資材搬入に使用された100tクローラークレーンが撤収しました。

Pc0902592

第1工区です。地下から出てすぐの高架橋には防音壁の設置が始まりました。

そして、今一番注目されている西九条の架設作業。

過去3カ月の様子を定点観測風に。

P92804023 9月末の様子。Pb1001672

11月初旬の様子。Pb2602572

11月末の様子。Pc2700042

12月末の様子。いずれもJR西九条駅より撮影。

現在は高架橋の上に仮設桁、本桁、手延べ桁とまさにサンドウィッチ状態です(笑)。

Pc2700402

かなり特別な工法になってますね。一番上の手延べ桁の組み立ては手前のヒラノクレーン工業さんのLIEBHERR LTM1200N-1 (200t吊)オールテレーンクレーンにより行われたわけですが、同じような事を国産の200tオールテレーンでするのは少し難しいですよね。ドイツ製独特のブームで最長60mというのが今回の工事でかなり生かされているわけです。国産ではジブが必要なところを、LTM1200Nはジブなしで対応できるところがすごいですね!

Pc2700812

Pc2700832

手延べ桁は本桁の2倍程あるでしょうか?

Pc2700012

阪神西九条駅側でも架台が組まれています。こちらの組み立てにはヒラノクレーンさんのLTM1120N-5 (120t吊)が登場したみたいですが、撮影時には撤収していました(汗)。

Pc2701112

このまま行くと来年1月には架設でしょうか?現場はこのまま2008年を迎えます。

以上現場レポートでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

堺市であれこれ…

まずは堺市高石市消防組合消防本部の消防車です。

Pc2300152

手前にいるのはⅢ型救助工作車です。

Pc2300192

さらに奥には災害対応多目的車(手前)と小型はしご車(奥手)がいました。

続きまして関西電力の堺発電所です。

Pc2300542

Pc2300742

サイガさんのKATO NK-5000 (500t吊)で日本で一番大きなトラッククレーンです。

Pc2300822

同じくサイガさんのKATO KA-3000 (300t吊)オールテレーンクレーンです。Pc2300402

所有企業不明のKOBELCO 7300 (300t吊)クローラークレーンです。Pc2300932

こちらも企業さん不明のKOBELCO 7450 (450t吊)クローラークレーン。

Pc2301062

富士レッカーさんのヤード。ラフターがずらり。ほかにオールテレーンが3・4台いましたがAR-4000M (400t吊)の姿はなし…

Pc2301352

オーナミさんのP&H 9170-TC (150t吊)トラッククレーンです。P&H製でこのクラスの大型クレーンは結構珍しいですね。1980年代の製造ではないかと…

Pc2301462

対岸から見る堺市のシャープ新工場建設現場です。レンズに収まりきれません(汗)。

Pc2302472

新たに東京重機さん(東京都)のSUMITOMO LS-368RH5 (250t吊) クローラークレーンが登場しました。現場内では一番大きなクローラークレーンです。この機種は初めて見たので感動です(笑)。東京重機さんといいますと、大阪南港のプロロジスパーク大阪(丁度写真の奥手に見えている建物)の建設時に来ていた東京重機さんの500t吊クローラー2台を見て以来ですね。大阪では珍しいです。

Pc2501552

さらに真ん中の赤いクレーンが、新規参入のアイチ建運さん(名古屋)所有のKOBELCO 7200-2 (200t吊)クローラークレーンです。

Pc2501502

サイガさん(大阪)のKATO NK-3600 (360t吊)大型トラッククレーンです。以前、平野クレーン工業さんの200t吊クローラーがいた辺りでPC杭の吊り込み作業をしています。何故トラッククレーンなのかがわからないのですが、他のクレーンでは対応しきれないとかで臨時にやって来たのでしょうか?

Pc2501592

清水建設さん?のKOBELCO 7200-2 (200t吊)クローラークレーンです。

Pc2306212

新たに参加したミックさん(名古屋)のKOBLCO 7200 (200t吊)クローラークレーンです。

Pc2306172

同じくミックさんのIHI CCH2000-5 (200t吊)クローラークレーンです。

Pc2307552

さらにさらに同じくして新たにやって来たミックさんのKOBELCO 7150 (180t吊)クローラークレーンです。

Pc2501902

布施長瀬運送さん(奈良県)のSUMITOMO LS-248RH5 (150t吊)クローラークレーン<左>と城西運輸機工さん(石川県)のKOBELCO 7100 (100t吊)クローラークレーン<右>です。城西さんはもう1台200tと2台揃って大阪にお越しになっていたのですね。この前は見落としていました(汗)。

Pc2503542

右から東重機工業さん(兵庫県)のSUMITOMO SC800-2S (80t吊)クローラーとサイガさん(大阪)のKOBELCO 7150 (150t吊)クローラー、野田クレーンさん(岐阜県)のKOBELCO 7200-1E (200t吊)クローラー、サイガさんのNK-3600です。

Pc2501872

米原商事さん(富山県)のKOBELCO 7100 (100t吊)クローラーです。

Pc2304372

手前のオレンジ色のクレーンがハンシン建設さん(大阪)のKOBELCO 7070 (70t吊)クローラークレーンです。7070は結構珍しい存在ですがこの現場では3台も稼働しています(笑)。

なんだかんだでこの現場内にいるクレーンを数えてみました。それも機種判別しながら… 見落としがあるかもしれませんが、結果は85台でした(苦笑)。あとラフターを入れると90台超えます(笑)。この数にもちろんくい打ち機は入っていませんよw

とりあえず今回はこれまでとします。何しろ数が多すぎますので・・・

シャープ新工場の様子は、また改めてアップしますね。

また、過去記事の方もご覧ください

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月21日 (金)

梅田再開発

先日気になって行ってきました。

前から現場前をよく通っていたのですが撮影する機会がなく。。。

Pc1603842

ご覧の通りです。旧大阪駅のホーム跡地で基礎工事をしています。あと数年でここもだいぶ変わるのでしょうね。

特に今回一番気になったのが・・・Pc1604112

これです。それはさり気無く他のクレーンと紛れていました(笑)。正体は大林組さん所有のLIEBHERR HS853HD (80t吊)クローラークレーンでした。もはやクレーンとは言えないような感じになっていますけど(苦笑)。正式には、懸垂型バケット式掘削機(スーパーケリー掘削機)です。ドイツからの直輸入で日本に数台しかなかったと思います。大林組さんの特注機でしょうか?

Pc1604062

バケットが特徴的です。地中連続壁の掘削に適しているのでしょうね。あと、これと同じものがもう1台いました。

自分はまだ買っていませんが、キブリからも似たような掘削機がモデル化されていましたね。

Pc1604622

さらに上からです。キャブがパワーショベルと同じ左側についています。国内で、このクラスでは非常に珍しいと思います。

Pc1604402

全景です。2011年頃になると手前の大阪駅ホームの上に巨大なアーチ型の屋根が登場するそうです。いったいどうやって架設するのでしょうか?

ほかにも建機がたくさんいますが、暗くてうまく撮影できなかったので撮り直してきてからアップしますね。

また、こちらの記事もご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月16日 (日)

大阪現場巡り

まずは舞洲のプロロジスパーク舞洲Ⅲの建設現場です。

Pc0900462

11月ぐらいからクレーンの解体が始まり、今では5台あった大型クレーンが1台になってしまいました。Pc0900452

残る1台は三輪運輸工業さんのKOBELCO 7300 (300t吊)クローラークレーンです。これより前の様子は掲示板の過去ログをご覧ください。

Pc0900952

それから来年、舞洲にプロロジスパーク大阪Ⅲが建設される予定です。関係者の方の情報によりますと、ここに「ナナハチ」が登場する予定とのことでした。わかる方にはわかるでしょうね(笑)。

Pc0901232

建設現場ではありませんが、尼崎港に吉野建設さんのKOBELCO 7800 (750t吊)クローラークレーンが来ていました。

続きまして阪神なんば線建設工事の様子です。今までは独立させてレポートしてきましたがネタが溜まっているので今回は特別扱いということで。また工事全体をまとめて別にアップする予定です。

Pb2603612

一番気になる西九条駅前の様子。クレーンが平野クレーンさんのAR-5500M (550t吊)からLIEBHERR LTM1200N-1 (200t吊)に代わりました。本桁の組み立ても終わり200tクレーンでベントの組み立てをしています。このクレーンはブームのしなりが特徴的ですね。Pb2602792

LTM1200N-1本体です。ドイツ製なので運転席が左側についています。Pc0901322

本桁の上には送り出し桁を乗せるためと思われる台が組まれています。高架橋の上に本桁や送り出し桁が乗るとは当初考えてもいなかったですね(笑)。あと、阪神西九条駅の所にも架台が置いてあるみたいです。

Pc1500392

こちらは大阪市住之江区から見る堺市のシャープ新工場建設現場です。現場が意外と近く感じますね。そのうち我が家からも見えるようになるかも。

Pc1500572

さらに堺市の関電発電所設備更新工事?に来ている大型クレーン。確認できただけでサイガさんのKATO NK-5000 (500t吊)トラッククレーンとKOBELCO 7450 (450t吊)クローラークレーンがいました。ほかにもKOBELCO製の大型クレーンがいますが機種まで分からず・・・

そして大阪市住之江区の住友倉庫の現場です。

Pc1500682

Pc1501532

喜多重機興業さんのKOBELCO 7300 (300t吊)クローラークレーンです。ラフィングジブ仕様に変更されています。

Pc1501652

12月に入ってすぐミックさんのKOBELCO 7450 (450t吊)がKOBELCO 7650 (650t吊)と入れ替わるようにして入ってきました。7650は関東の方に行ったようです。ちなみに7450は直前までプロロジスパーク舞洲Ⅲで稼働していました。 Pc1501972

現場の様子からしてあと1ヶ月程で解体でしょうか?

Pc1503122

ミックさんのIHI CCH1000-5 (100t吊)クラーラークレーン。

それから結構前に撮影したのですが、大阪南港の高層マンション建設現場。

Pa2104052

50t級ラフターが4台いました。

Pa2103452

同じく南港にいたミックさんのIHI CCH1000-3 (100t吊)クローラー<左>とKOBELCO 7150 (180t吊)クローラー<右>です。今は両方とも解体されてしまったようです。

今回は以上になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

堺シャープ新工場建設工事

以前よりテレビで報道されていたので気になって見てきました。

噂に聞くところではクレーンなどが60台ほど来るとか。 その真相は・・・

見ての通りです(苦笑)。Pc0809922

60台どころか100台ほどいました(滝汗)。アースオーガーなども含めるととんでもない数に(笑)。

大阪をはじめとする日本の各地から多くの企業が応援に駆けつけています。重機を1台ずつ紹介するととんでもないことになるので(苦笑)、ピックアップして紹介していきます。

Pc0808592

荒川鉄工さん(名古屋)のSUMITOMO SC1000-2 (100t吊)です。クレーンだらけなのでアップの写真でないと見分けがつかないです(汗)。

Pc0810142

同じく荒川鉄工さんのKOBELCO 7090 (90t吊)クローラーです。

Pc0812402

ミックさん(名古屋)のIHI CCH1800-3 (180t吊)クローラーです。

Pc0813242

城西運輸機工さん(石川県)のKOBELCO 7200-2F (200t吊)クローラークレーンで、今年3月に納車された新車です。Pc0813262

同じく城西さんの200t。

Pc0810732

ミックさんのHITACHI KH850-3 (150t吊)クローラークレーン。KH850は初めて見ました。Pc0810662

同じくミックさんの150tクローラーです。

Pc0810432

久保田総業さん(千葉県)のKOBELCO 7200 (200t吊)です。

Pc0811822

野田クレーンさん(岐阜県)のSUMITOMO SC2000-3 (200t吊)です。

Pc0809102

同じく野田クレーンさんのSC2000-3<左>とKOBELCO 7200 (200t吊)クローラー<右>です。

Pc0812282

米原商事さん(富山県)のKOBELCO 7100 (100t吊)です。ちなみに米原さんは、クレーン保有台数日本1位です!

Pc0812822

愛豊重機さん(愛知県)のKOBELCO 7120-1F (120t吊)です。

Pc0811672

所有企業がわからないのですが、右がKOBELCO 7200-2 (200t吊)で左がKOBELCO 7100 (100t吊)です。特に7200は関西の業者さんではないと思うのですが。

Pc0813442

奥から、コマキさん(東京都?)のKOBELCO 7080-2 (80t吊)、永和重機工業さん(大阪)のKOBELCO 7090-1F (90t吊)、サイガさん(大阪)のKOBELCO 7150 (150t吊)になります。

Pc0812082

宮本組さんのKOMATSU PC450-8です。PC450の8型は初めて見ました。

Pc0811382

真ん中の緑色のパイルドライバーは丸泰土木さん(東京都)のNISSHA DH808‐170Mで、確か国産最大級だったと思いますけど記憶が定かではありません。今回初めて見れました。

今回のレポートは、主に近畿圏外からお越しになっている建機を取り扱いました。ほかにもたくさんありましたが、無理がありますので次の機会にということで。

*是非こちらの記事もご覧ください。

| | コメント (25) | トラックバック (1)

2007年11月28日 (水)

少し前の事ですが・・・

掲示板時代にアップし忘れていたものをアップします。といってもほんの少し前の事です。

まず、基礎工事の時から見物している住友倉庫(仮称)新ODC建設工事のようす。

この現場はプロロジスパークみたいに大型クレーンがいっぱい入るのかと思えば、ミックさんのKOBELCO 7650 (650t吊)クローラークレーンとIHI CCH1000-5 (100t吊)クローラーに喜多重機興業さんのKOBELCO 7300 (300t吊)クローラークレーンのみ3台しか入っていません。

なのでクレーンが少ない分、喜多重機興業さんの300tがちょくちょく仕様を変えて現場内を動き回ってます。。。

Pa2101662

かなり大きな現場なので少なくとも300t級以上のクラスが4台は入ると思っていたのですが(汗)。

P92602332

7300は一時的にラフィング仕様からノーマル仕様に変わっています。

P70302292

7300も夏ごろはこんな感じです。

P70301962

ミックさんのCCH1000-5です。こちらも一時的に仕様を変えておりました。画像は夏ごろです。

P70302052

そして、ミックさんの7650です。こちらは仕様の変更はありませんでした。

P70303972

やはり大きいです。

Pa2101882

そして全景(10月現在)。

Pb2602532

さらに最新画像(自分の家から)。中山製鋼所の向こうにクレーンが3台見えます。7300(右から2番目)は先週またラフィング仕様になったみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

阪神なんば線 鉄道建設工事レポート No8

今回も掲示板からネタを引き継ぎます。というわけで第8弾です。

また普通とは少し違った目線でレポートします。

この工事を改めて振り返ってみますと、レポートを始めた当初は大型建機が100%出現すると見込んでましたが、予想以上の結果に自分でも少し驚いています。なぜならば大半が地下ですし大型建機出没が見込める高架区間はほんの少しでしたからね。地下軌道区間ではシールドマシン投入作業などの珍しい光景を見ることができましたし文句無しです。高架区間は送り出し工法という意外な結果になりましたが、結果的に満足できました(笑)。あとは西九条の架設ですね。今から少し期待しています。

少し前の様子になりますが、まずは第4工区からです。

Pb110541

深夜の様子です。ほぼ毎日夜間作業が行われています。

Pb100159

Pa200020

こちらは第3工区の昼間の様子。

そして、いきなりですが第1工区。今回の目玉です。

Pb1001672

阪神西九条駅の所です。画像はJR西九条駅からです。

Pb1001692

本桁組み立てに平野クレーン工業さんのTADANO製AR-5500M-1(国産最大級550t吊)が登場しました。これは予想通りです(笑)。以前は同社のドイツLIEBHERR社製 LTM1200N-1(200t吊)オールテレーンクレーンが来ていましたが、これでは対応できなかったのでしょうね。

Pb1001792

上からの眺めは格別ですね。

Pb1001922

平野クレーンさんの2号機になります。以前1号機を見ましたが2号機は初めてです。しかしながら両方とも未だにMB仕様を見れていません。。。

Pb1003162

今回はアシストジャッキを使用しないみたいです。今回の作業はあまり負荷がかからないということでしょう。

Pb1002602

ESP仕様です。ESPとはイージー・スカイピン機構ブームの事です。最長60mというだけあって長いです。

Pb1002922

Pb1003402

キャリアはドイツのファウン社製です。

Pb1003472

稼働する様は圧巻です!!

Pb1002812

ところで架設はどうなるのでしょうか?撮影当時の状態でこれですから今ではもっと長くなっているはずですし。。。

Pb0900712

そして一日の作業終了後。

これでAR-5500Mはミックさんの1号機・2号機と清水工業さんのと北四国クレーンさんのと野田クレーンさんのと平野クレーン工業さんの1号機・2号機で、7台見たことになりますがいつ見てもいいですね(笑)。

というわけで、今回はAR-5500M-1に視点を置いてのレポートでした。阪神なんば線建設工事の全体の様子があまり書けなかったのでまた後日改めてレポートしますね・・・

それからおまけです。

Dvc00247

以前撮影した平野クレーン工業さんの1号機です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)