現場レポート(2009年) その1

2009年3月26日 (木)

第二京阪道路 建設工事レポート No11

前回の続きで、門真ジャンクション周辺の建設状況を昨年12頃からさかのぼってみます。

Pc2669062 門真JCTの建設と同時に、ひえ島歩道橋の架け替え工事が進んでいます。

Pc0638612 12月初旬には基礎工事が行われていました。

Pc0638942 新たな歩道橋の橋脚となる部分の基礎が作られています。

Pc0639462 以前撤去された歩道橋の階段があった場所です。

Pc0639802 歩道橋の基礎です。

Pc1347792 昨年12月より、花博記念公園口東で古川を渡る橋の拡張工事も始まっています。

Pc2669472 後に橋が架けられ、ここが道路となります。

P11202352 そして、今年1月中旬です。歩道橋の基礎も出来上がり、整地が始まりました。

P11202942 同じ頃には橋脚も姿を現しました。

P11202692 橋の拡張工事も進み、オールケーシング工法での掘削が行われています。植田基工さん所有のKOBELCO 7080 (80t吊) クローラークレーンが来られていました。

P12421602 後日7080と入れ替わるようにして、植田基工さん所有のKOBELCO 7055 (55t吊) クローラークレーンがスーパートップ仕様で登場しました。

P13137632 1月末には新設される歩道橋の地組みが始まりました。

P21570882 2月中旬には新設歩道橋のスロープができあがってきました。

P21571022 花博記念公園口交差点の様子です。手前には新たに歩道橋が架けられます。されに、古川を跨ぐ橋梁が拡張されれば、この交差点内で花博通(西行き)へ通じる道路が新設されます。

P21571812 中環南行き側道では、ひえ島橋の上部工も進んでいます。上部工が終わると側道も拡張されることになるのでしょうね。

P31208612 3月に入ると、歩道橋の架設が始まりました。

P31208572 中環北行きと南行きの側道上に歩道橋が架設されました。

P31208902 南行き側道側です。

Pc2669362 昨年12月末のひえ島橋周辺の様子です。門真JCTのDランプ橋とBランプ橋の橋脚が建設中でした。

P11203322 今年1月中旬です。Bランプの橋脚が徐々に大きくなってきています。

P20860932  2月初旬です。

P31208922 そして、3月中旬の様子です。BランプとDランプの橋脚がほぼできあがっています。ひえ島橋も既に舗装され、完成に近い状態となりました。

とりあえず今回のレポートはここまでとします。ではまた次回・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

阪神なんば線 鉄道建設工事レポート No16

建設開始当初から撮影を続けてきた「阪神なんば線」ですが、今月20日にようやく開通を迎えました。

この現場レポートは、阪神なんば線が西大阪延伸線と呼ばれていた頃からずっと続けておりますが、それも今回で16回目を迎えます。第1回目のレポートをこのブログの前身である掲示板にUPして以来、かなりの月日が経ちました。そしてその間、いろいろな場面と立ち合ってまいりました。

深夜に行われたシールドマシンの搬入・組み立て作業や、台船を利用しての安治川橋梁の架設、今まで見たこともない様な工法で行われた大阪環状線跨線橋(阪神西九条駅ホームがJRを跨ぐ橋梁)の架設、そして開通前の試運転…などなどいろいろ見てきました。

あと忘れてはならないのが、当路線で近鉄との相互直通のために新開発された阪神電鉄の電車(1000系)の陸送。これもかなりの数を追いかけました…

この様に、振り返れば限がありません。。。

という訳で、長年開通までの様子を追い続けた者の一人として、今回の歴史的な開通にも立ち会えた事はとても嬉しく思います。特に電車の知識があるわけでもなく、普段は建設現場ばかりを見物しているような自分ですが、今後もこの新路線である「阪神なんば線」を追い続けようと思っております。

さて、今回のレポートでは開通直後である阪神なんば線の工区の様子をUPいたします。めでたく開通となった20日の様子です。

P32029312

 新設された桜川駅周辺の様子です。ここでは開通直前まで夜間工事がおこなわれていました。

P32029322 南海汐見橋線汐見橋駅の隣に桜川駅の駐輪場が新設されました。

P32029452 桜川駅の出入り口です。開通前日まで工事用フェンスで囲まれていました。

P32029472 駅出入り口の隣には、まだ資材が置かれています。

P32029442 汐見橋交差点では現在も工事が続いており、道路は覆工板で覆われています。

P32029432 地上では路面の復旧作業も行われています。

P32029482 一部、覆工板が撤去され地下部分が見えています。

P32029572 この下を阪神なんば線が通っています。

P32029582 桜川駅の地上付近の全景です。

P32029602  最近、道路の車線変更が行われました。これに伴いバス停も移動しています。

P32029672 日吉橋交差点付近の様子です。

P32029722 ドーム前駅の様子です。

P32029752 大阪ドームからドーム前駅に続く歩道の整備も完了しました。

時間の都合上、ここまでしか見れていません。地下の様子や高架上での様子は、また近いうちにレポートする予定ですので暫しお待ちを…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

第二京阪道路 建設工事レポート No10

今回は久々に門真JCT周辺の建設状況です。昨年12月頃からの様子をさかのぼってみます。

Pc2668702 12月頃になると、中環北行き側道上でのBランプ橋の架設が本格的に始まりました。まず、夜間通行止め工事で橋脚の梁などが架設され、ベントの設置も行われました。

P12420772 今年1月末にはベントの設置も完了し、道路上で主桁の架設が始まりました。

P13137322 数日間で一気に架設が進みました。

P20645442 そして、ランプの端である近畿道へ繋がる桁の架設も夜間に行われました。架設には喜多重機興業さん所有のTADANO GR-600N-1 (60t吊) ラフターが来られていました。

P20848112 2月の初旬には、Bランプ橋が中環北行きを跨ぐ部分の主桁も架設が完了し、近畿道とも繋がりました。

P12421212 昨年から、Bランプ橋で私有地を跨ぐ一部が架設されずに欠けたままとなっていましたが、2月初旬に架設されました。

P20848132 架設後の様子です。架設は昼からと伺っていたので昼過ぎに行ったところ、ちょうど架設が終わった直後でした。。。

P20848202 架設作業には喜多重機興業さん所有のTADANO AR-5500M-1 (550t吊) 大型オールテレーンクレーンが来られていました。今回の仕様は、フルカウンターウエイト(195t)、MB(メインブーム)+FB(フィックスブーム)×2本でした。

P20849182 AR-5500Mは後日行われるAランプ橋の夜間架設工事のために小移動するので、一旦解体となりました。

まずはフックと標準ヘッドを外します。

P20850242 続いてFBの解体です。1本ずつトレーラーに載せます。

P20851402 2本目です。解体補助は同社所有のTADANO TR-500M-1 (500PRO:45t吊) ラフターです。

P20853492 カウンターウエイトの解体のため、再度ヘッドとフックをつけました。

P20855512 順次ウエイトを下していきます。

P20858132 ウエイトの次はアシストジャッキです。

P20860302 装備を外した後、構内移動姿勢で待機しています。そして、この数時間後に小移動となりました。

長くなるので今回はここまでとします。次回に続く…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

阪神甲子園球場 第Ⅱ期リニューアル工事 No2

最近はUPが遅れ気味で新鮮な記事がなかなか書けていませんが… 今回も昨年末に撮影したものになります。

昨年末の日曜日に撮影をしたわけですが、休日(世間は正月休み)にもかかわらず作業されていました。

甲子園球場では第Ⅱ期リニューアル工事も終了し、先日からプロ野球のオープン戦が行われています。21日開幕の選抜高校野球大会からは一般客も入場できます。

Pc2877592 改修中は「阪神甲子園球場」の看板も仮設のものになります。

Pc2875702 銀傘も架け替えられました。掛け替え作業を行ったサイガさん所有のKOBELCO 7800 (750t吊) 大型クローラークレーンは撮影の数日前に撤収していました(汗)。。。

Pc2875712 レフトスタンド側です。

Pc2875952 スコアボードの裏側にて、青井重機作業さん所有のKOBELCO 7080-2 (80t吊) クローラークレーンです。

Pc2876122 照明塔の設置作業をしている、昭和組さん所有のTADANO AR-2000M-1 (200t吊) オールテレーンクレーンです。

Pc2876992 ラフィングジブでの作業になります。

Pc2876492 どこから撮っても木が被ってしまいます。。。

Pc2876802 阪神戦では恒例のラッキーセブン(7回裏攻撃前)で飛ばされたジェット風船が木に引っかかっていました…

Pc2876482 AR-2000Mのカウンターウエイト周辺。

Pc2877082 敷地内も通行止めになっていました。先日(17日)まで通行止めだったみたいです。

Pc2877282  銀傘の架け替え作業を行っていたサイガさん所有のKOBELCO 7300 (300t吊) クローラークレーンの解体搬出作業が行われていました。

Pc2877332 解体補助にサイガさん所有のKATO NK-1600-v (160t吊) トラッククレーンが来られていました。

Pc2877402 同じく解体補助で同社所有のTADANO GR-500N-1 (51t吊) ラフターが来られていました。ゲートに正月のしめ縄飾りがついています…

Pc2877262 7300の方は内抱きサポートを使用せずにラフィングジブの解体を行っていました。

Pc2877442 7300はワイヤの巻き取りをしつつブームを伏せている最中でした。

時間の都合上、解体作業はここまでしか見れていません。。。

翌日?の本体の解体も予定が入っていたので見れませんでした…

Pc2877372 内野スタンド側です。

改修工事も一段落しましたので、この工事レポートも一応今回が最終回のつもりです。また年内に生まれ変わった甲子園の様子をUPするつもりですので暫しお待ちください。

今シーズンオフには第Ⅲ期工事も始まるので、新たに工事レポートを行う予定です。

今回のレポートは以上になります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月14日 (土)

堺にて

今年の正月ごろの収穫です。今までUPするのを忘れていました(汗)。

まずは関西電力堺港発電所設備更新工事にて。

P10580992 確認できただけでも、サイガさん所有のKATO NK-5000 (500t吊) 大型トラッククレーンとKATO KA-4000 (400t吊) 大型オールテレーンクレーン、KOBELCO 7450 (450t吊) 大型クローラークレーン、KOBELCO 7200-2F (200t吊) クローラーや河西運輸さん所有のKOBELCO 7200-2 (200t吊) クローラーなどが稼働されていました。

P10500192 NK-5000です。ラフィング仕様でした。

P10581022 KA-4000です。ラフィング仕様は初めて見ました。

P10500562 7450です。

*いずれも敷地外にて撮影。

P10581362 コスモ石油にて。高度化事業の工事でしょうかね。サイガさん所有のKOBELCO 7450SHL (450t吊) などが稼働しています。7450はこの現場へ来る前にも、SHL仕様でフジテックの旧エレベーター試験塔の解体作業をしていました。

P10500772 7450のSHL仕様はあまり見かけませんね。堺港発電所にいる7450とは別の機体になります。

P10500802 7450本体です。

P10504882 後ろ姿です。

P10505022_2 ウエイトワゴン周りです。

P10581412 サイガさん所有のKATO SL-650R (65t吊) 大型ラフター

今回UP分は以上になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

第二京阪道路 建設工事レポート No9

前回の続きで、昨年11月頃から最近までの工事状況です。

Pc0742762 上馬伏地区鋼上部工事にて、平野クレーン工業さん(大阪)所有のTADANO AR-1000M-1 (100t吊) オールテレーンクレーンです。連続函渠工事に当たっていたのでしょうかね。

Pc0742852 同地区にて、PC杭の打設に来られていた、永和重機工業さん(大阪)所有のKOBELCO 7090-1F (90t吊) クローラークレーンです。

Pc1348882_2 上馬伏地区では12月頃よりベントの設置が始まりました。

P13140822 1月には鋼製桁の架設が始まりました。架設には、喜多重機興業さん(大阪)所有のTADANO AR-2000M-1 (200t吊) が来られました。

P13141332 同地区にて、平野クレーン工業さん所有のLIEBHERR LTM1120N-5 (120t吊) オールテレーンです。

Pb2721082_2 国道163号との交差部にて、昨年11月と今年の1月に鋼製梁の架設が行われました。架設には喜多重機興業さん所有のTADANO AR-5500M-1 (550t吊) 大型オールテレーンが来られました。

夜間通行止め初日の架設前の様子です。

Pb2721282 AR-5500MはESPブーム仕様です。玉掛け中。

Pb2721812 吊り上げ開始。

Pb2722532 1本目の架設完了。

Pb2723952 架設作業中のTADANO AR-5500M-1です。カウンターウエイトは127t仕様になります。

この架設作業を見学した後、すぐにドバイメトロの陸送を追いかけました。。。

Pc0742972 架設作業から数日後の様子です。

Pc0743092 同じく鋼製梁の架設を行っている喜多重機興業さん所有のTADANO TG-1600M-1 (160t吊) トラッククレーンです。

P11505912 そして、今年1月に行われた2回目の架設工事です。前回同様、AR-5500Mが登場しました。

まずはカウンターウエイトの設置から。

P11606672 ウエイトの設置が完了すると、すぐに玉掛けとなりました。ちなみにウエイトは127t仕様です。

P11607232 鋼製梁2本目の吊り上げ中。梁は100t以上あるようです。

P11607862 位置合わせ中です。2本目はピッタリと合わなかったようで、かなり時間がかかったため、撮影を中断し撤収しました。。。

Pc0743272 讃良地区鋼製橋脚工事の現場にて、鋼製梁の架設作業を行っていたサイガさん(大阪)所有のKATO NK-1600-v (160t吊) トラッククレーンです。

Pc2670522_2 昨年末には、鋼製橋脚のほとんどが完成に近づいていました。

Pc0743322 讃良地区鋼上部工事と讃良地区下部その他工事の様子。昨年12月頃から鋼上部工が本格化してきました。

Pc0743542 ボックス桁の架設に来られていたミックさん(名古屋)所有のLIEBHERR LTM1550N (550t吊) 大型オールテレーンです。

Pc0744872 同じくLTM1550Nです。今回はガイシステムを使用しています。

Pc2670942_2 稼働中の様子。LTM1550Nをこれだけ近くで見たのは初めてでした。

Pc2671212_2 ブームは84m仕様になります。

Pc2672402_2 夕暮れの時間と重なり、きれいに収めることができました。

Pc0744082 サイガさん所有のKATO NK-1600-vです。讃良地区鋼製橋脚工事の現場の機体とは別のものになります。PC床版の架設作業に当たっていたのでしょうか?

Pc0744282 寝屋川高架橋の架設工事に平野クレーン工業さん所有のTADANO AR-5500M-1が来られていました。カウンターウエイトはフルの195t仕様です。

Pc0744522 以前ここから少し離れた場所で、国土さん(新潟)所有のDEMAG AC650 (650t吊) 大型オールテレーンにて架設が行われました。

時間の都合上、毎回寝屋川高架橋までしか見に行けていません(汗)。そのうち、また枚方方面まで遠征したいと思いますので暫しお待ちを・・・

今回のレポートは以上となります。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2009年2月10日 (火)

阪神なんば線 鉄道建設工事レポート No15

暫く阪神なんば線に関するレポートはUPしていませんでしたので、久しぶりに建設状況をUP致します。現在では線路も繋がり、電車の試運転も行われています。

まずは第1工区の様子から。

P20747612 阪神なんば線の起点となる阪神電鉄西九条駅です。駅のホームが延伸され、JR環状線の高架橋を跨ぎました。

P20747772 現在では駅出入り口の設置をしているようです。

P20747842 西九条駅前から安治川方面の様子。

P20747882 安治川橋梁です。

P20747522 安治川を渡り、九条周辺の様子です。道路を跨ぐ箇所は送り出し工法により架設されました。高架のセミシェルター設置も終了しています。

P20747482 完成した高架を新型電車の1000系が通過しています。1000系は陸送の追っかけまでしたので思い入れが強いです。

P20747472 高架区間は中央大通りの手前で終了となります。ここからは地下です。

P20747212 阪神なんば線の開通に伴い、大阪市営地下鉄中央線九条駅では出入り口の設置工事が行われています。

P20747252 阪神なんば線九条駅西側出入り口の地上部分も完成に近づきつつあります。

P20747162 九条駅上では覆工板が撤去され、路面の復旧作業が進んでいます。

P20747152 NTTビルでも地下出入り口の設置が進んでいます。

P20747042 第2工区のドーム前駅です。駅出入り口の地上部分も外見はほとんど完成しています。また、歩道の整備も進んでいます。

P20746832 第3工区と第4工区の様子です。

Pc2466962 夜間工事も頻繁に行われています。

P20746582 桜川駅周辺では駅出入り口の地上部分が工事中です。

P20746512 中心部にはエレベーターが設置されています。

Pc2467112 出入口の工事は昼夜問わず行われていました。

P20746402 ここでは以前シールドマシンが投入されました。

P20746302 そして、阪神なんば線の終点となる近鉄難波駅周辺です。

P20747422 簡単にですが阪神なんば線の全工区の工事状況をUPしました。

この路線は開通まであと1か月程となり、工事も終盤となってきましね。掲示板時代から通算すると今回で計15回目のレポートとなりました。建設開始当初から撮影を続けてきたのでこの路線は思い入れが強いです。

今回のレポートはこれにて終了となりますが、これからも阪神なんば線を追い続けたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

第二京阪道路 建設工事レポート No8

暫く門真JCTの架設状況のみをUPしてきましたので、ほかの地区の様子を昨年11月からさかのぼっていきます。

Pc0640372第二京阪道路の建設と同時に進行しているひえ島橋上部工も結構進んでいます。新たに歩道となる部分と車道になる部分が架設されました。

P13137822 最近の三ツ島地区の様子です。

Pb0299832 門真地区鋼上部工事の現場にて、高架橋の支障となる鉄塔が解体されました。解体には高山建設さん(兵庫県)所有のSUMITOMO SA800 (80t吊)オールテレーンクレーンが来られていました。

Pc0640902_2 三ツ島地区ではクリスマス頃になるとイルミネーションも登場しました。

Pc0641242 同じくイルミネーション。

Pc0741562 三ツ島地区では鋼製梁の架設も順調に行われました。架設には伊芸レッカーさん(大阪)所有のTADANO TG-3600M (360t吊) が来られています。

Pc0741612_2 同地区では、12月に鋼製梁架設工事に伴う道路のルート変更が行われました。

P12422422 ルート変更後の様子。鋼製橋脚の下に道路ができました。

Pc1348392 同じく三ツ島地区にて、サンワクレーンさん(奈良県)所有のLIEBHERR LTM1120N-5 (120t吊) オールテレーンクレーンです。これはLTM1120NXになるのでしょうか?

P11204182 同地区にて、小野田ケミコさん(東京)所有のHITACHI ZX480LCK-3です。ツイン・ブレードミキシング工法のTB攪拌装置を装着しています。

Pb0299762 ここは後に鋼製梁が架設されました。架設には平野クレーン工業さん(大阪)所有のTADANO AR-5500M-1 (550t吊)が来られていましたが撮影はしていません。。。 雨が降っていたのでスルーしました(爆)・・・

P12422952 門真地区鋼上部工事で鋼製桁の架設に当たっている澤田運輸建設さん(兵庫)所有のTADANO AR-2000M-1 (200t吊) オールテレーンです。

Pb0200182_2 同じく、門真地区鋼上部工事でボックス桁の架設に来られていたサイガさん(大阪)所有のKATO NK-3600 (360t吊) トラッククレーンです。

Pb0806302 11月には夜間架設工事が行われました。

Pb0806182 現場に到着した時は、既にNK-3600が稼働した後でした・・・

Pc0742562 NK-3600は途中で重荷重ヘッドに変更していました。

Pc1348822_2 さらに、12月には少し移動してスーパートップ仕様になりました。

Pc0742612 12月初旬の門真地区鋼上部工事の様子。門真JCT方面です。

P12524892 今年1月末の様子。同じく門真JCT方面です。門真高架橋東(上部工)では、サイガさん所有のKATO KA-4000 (400t吊) 大型オールテレーンにて架設が始まりました。

P12524762 KA-4000です。

P12524782 よく考えてみると、KA-4000をこれだけ近くで見たことは今までにありませんね(汗)。ちなみに、KA-4000は世界中でも2台しか存在しないようです。

Pc0742572 同じく門真地区から寝屋川方面の様子。昨年の12月になります。

P12524912 今年1月末の様子。

P12525042 第二京阪道路の工事とは直接的に関係無いようですが、第二京阪横の寝屋川北部地下河川の現場の北島立坑にミックさん(名古屋)所有のLIEBHERR LTM1450NX (450t吊) 大型オールテレーンが来られていました。

P13138762 LTM1450NXは1月末に現場から搬出されました。ちなみに、車両が待機してる場所は第二京阪の現場内です。

P13139022 LTM1450NXのすぐ近くでは喜多重機興業さん(大阪)所有のTADANO AR-5500M-1 (550t吊) 大型オールテレーンがラフィングジブ仕様で来られていました。その後ろの方にはサイガさんのNK-3600が見えています。

P13140512 途中、ジブの長さを変更しつつ、少し移動しながら作業されていました。

Pc2670342_2 門真地区にて、喜多重機興業さん所有のTADANO AR-2000M-1 (200t吊) オールテレーンクレーン。

長くなるので今回のレポートはここまでと致します。続きはまた後日・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

第二京阪道路 建設工事レポート No7

今回も前回に引き続き、門真JCT架設工事の様子を中心にUPいたします。

昨年12月には、近畿自動車道を通行止めにしての夜間架設工事が3夜間連続で行われました。

Pc0233622 架設工事を目前にして、近畿道の料金所などが一斉に封鎖されました。画像は東大阪北料金所の入り口付近の様子です。

まずは近畿道夜間通行止め初日の様子から。

Pc0129192 Bランプ橋の様子です。大阪中央環状線本線(北行き)は通行止めなしでした。

喜多重機興業さん所有のTADANO AR-5500M-1 (550t吊) 大型オールテレーンクレーンによって架設の準備が行われています。ちなみに、550tは導入後間もない新車です。

Pc0129462 同じくBランプ架設前の様子。AR-5500Mは玉掛けの最中です。

Pc0129422 Aランプ橋の架設作業前の様子。こちらは清水工業さん所有のAR-5500Mにて近畿道を跨ぐ架設が行われます。

Pc0129482 22:13頃、最初に喜多重機興業さんのAR-5500Mが吊り上げを開始しました。

Pc0129702 ゆっくりと旋回しています。

Pc0129862 22:24頃、清水工業さんのAR-5500Mが、喜多重機興業さんのAR-5500Mより10分程遅れて吊り上げを開始しました。

Pc0129852 22:26頃、Bランプの桁が一足早く近畿道を跨ぎました。

Pc0129912 22:28頃、少し遅れてAランプの桁も近畿道を跨ぎました。

Pc0130642 22:32頃、Bランプの1本目の桁が架かりました。途中でカメラのホワイトバランスを変えてみました。

Pc0130682 22:42頃、Bランプより少し遅れてAランプの1本目の桁も架設されました。これから橋梁の締結に入ります。

Pc0130382 古川に映るAR-5500Mの姿も入れてみました。現場の550tは2台ともESPブーム仕様なのでかなり長いです。

Pc0130602 AR-5500M本体です。カウンターウエイトはフルの195tです。

Pc0130902 Aランプ橋の1本目が架設された後の様子です。

Pc0130762 Bランプ橋の1本目架設後の様子。11:50頃には締結が終わり、玉掛けが外れました。

Pc0231062 清水工業さんの方は12:30頃に玉掛けが外れました。

Pc0231412 桁1本を架設して初日の作業は終了となりました。終了時刻は13:50頃でした。

この後すぐに近所の近畿車輌まで出向き、阪神電車1000系(第5編成増結車両)の陸送を見に行きました(苦笑)。。。

続いて作業2日目です。

Pc0232562 前日と同じくBランプ橋の方から架設作業が始まりました。22:20頃、喜多重機興業さん所有のAR-5500Mにて2本目の吊り上げが開始されました。

Pc0232632 吊り上げたまましばらく待機となりました。

Pc0232682 22:30頃、清水工業さんの550tが桁2本目の吊り上げを開始しました。

Pc0232812 22:35頃、Aランプ橋・Bランプ橋の桁2本目が同時に架設されました。吊り上げ開始が早かった喜多重機興業さんの方は清水工業さん待ちだったのでしょうかね。

Pc0232752 Aランプ橋の様子です。

Pc0233442 前日に架設した桁と、その当時架設した桁をつなぎ合わせるため、喜多重機興業さん所有のラフター2台で小物を吊り上げています。

Pc0233132 清水工業さんの方は、11:00頃に桁が近畿道上を完全に跨ぎました。

その後、足場などの小物を組みつけてこの日の作業は終了となったようです。

この作業直後に阪急電車9300系の陸送を見るため、大阪市内までダッシュしました(汗)。。。

ということで最後まで見学できませんでした(苦笑)・・・

今回のレポートは以上になります。また後日、この続きをUP致しますのでご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

堺シャープ新工場建設工事レポート No7

7月以来のレポートです。

建物の外観もほとんど出来上がり、現在では設備の搬入も行われています。

*撮影は今まで通り、主に現場隣の広場や対岸などの敷地外から行っております。なお、今回は画像に特殊処理を加えてありますので予めご了承ください。

まずは隣の広場より、全景です。

P82020172 定点観測風に8月中旬の様子から。

Pb2300402 11月中旬の様子です。

Pc0128142 12月初旬の様子です。

続いて対岸の岸壁より。

P91402602 9月中旬の様子です。

P10582292 そして、年が明けて間もない先日の様子。

P82022032 平野クレーン工業さん所有のHITACHI-SUMITOMO SCX2000-2 (200t吊) クローラークレーン。その奥にいるのが喜多重機興業さん所有のKOBELCO 7300 (300t吊) クローラーです。

P82020762 8月の時点では、まだ大型クレーンが何台も稼働していました。

P82020272 基礎工事中の様子。

P82001412 ミックさん(名古屋)所有のHITACHI KH850-3 (150t吊) クローラー。

P82001372 サイガさん所有のKOBELCO 7300 (300t吊) クローラークレーンです。この7300は、撮影後暫くして阪神甲子園球場のリーニューアル工事の現場に移動しました。

P91401032 谷口重機建設さん(宮崎県)所有のHITACHI-SUMITOMO SCX2000-2 (200t吊) クローラー。

P91402762 IUK JCC-400Hなどのタワークレーンが数機稼働していました。

Pc0127062 現場横では道路工事が進んでいます。完成した建物に設備搬入をするため、TADANO AR-2000M (200t吊) オールテレーンとKATO KA-4000 (400t吊) オールテレーンが稼働中でした。

Pb2300202 サイガさん所有のKA-4000です。時間の都合、稼働中の姿はほとんど見れず・・・

Pc0127222_2 サイガさん所有のKATO KA-3000 (300t吊) オールテレーンクレーンです。

Pc0127392 日本サルベージ・サービスさん(京都府)所有のTADANO ATF220G-5 (220t吊) オールテレーンクレーンです。撮影当時は導入したての新車です。

Pc0127192 河西運輸さん(和歌山県)所有のTADANO AR-2000M-1 (200t吊) オールテレーンクレーンです。

Pc0127862 峰商店さん(名古屋)所有のKATO NK-3600 (360t吊) トラッククレーンです。

Pc0127912  大野商会さん所有のKATO KR-65H (SR-650R:65t吊) ラフター。

Pc0128592 荒川鉄工さん(名古屋)所有のKOBELCO 7090-1F (90t吊)クローラー。

Pc0128242 左から杉本運輸さん(北海道)所有のKATO NK-1600v (160t吊) トラッククレーンと富士レッカーさんの所有と思われるTADANO AR-2000M (200t吊) オールテレーンクレーン。このすぐ横にはサイガさん所有のKA-3000も稼働していました。

P51705332 富士レッカーさん所有のTADANO ATF160G-5 (160t吊) オールテレーン。

P10503692 現在は建物のほとんどが出来上がり、この一角だけにクレーンが集中しています。中央部では大型クレーンやタワークレーンのほとんどが撤収し、今では550tクローラーと450tクローラーの2台のみとなりました。

P10582222 左からミックさん所有のLIEBHERR LR1550 (550t吊) 大型クローラーと、エスシー・マシーナリさん(横浜)所有のKOBELCO 7450 (450t吊) 大型クローラーです。

P10501842 LR1550本体のアップです。2700mm(35mm換算)の超望遠で撮影しました。カメラにテレコン付ければさらに1.7倍になりますが、今回は使用しませんでした(苦笑)。。。

以上で今回のレポートは終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)